やさしい宇宙語講座 初級編

これは、「パン」 (lapin→フランス語で兎。ラパンと読みます。)
f0115322_0273312.jpg





これは、「ト」 (ヨーグル
f0115322_0295799.jpg

これは、「がらどん」
f0115322_0303473.jpg


我が家の末娘、りんりん星人使う宇宙語です。

他には、

「しゃま」 → お月様、お星様、王様。(月の事は、”la lune”と言う事もあり。)
「ぎっきん」 → 電気。主に電灯のこと。
「ありと」 → ありがとう。でも、”メルシー”も言えます。
「がい」 → おねがい。でも、これは、ちゃんと”おねがい”に移行中。
「む」 → 読む。本を持って来て、「む!む!」と迫られます。「読んで!」と言う意味か。
「ちゅっぱ!」 → フランス語の”Ne touche pas!” から。”触んないで!”

最近だんだん りんりんも地球の言葉(それも結構ちゃんとした文章まで)を
話すようになってきて、私(通訳)の仕事が少なくなり、ちょっぴり淋しいです。
でも まだまだ笑わせてくれますが。

この間は、りんりんに、「りんりん、元気?」と聞くと、
「ノン!シャバ!」(non! ça va!)
「”シャバ”なら、元気でしょ?」と言うと、
「ノン!ぎっきん!」
そして すかさず りんりんは電灯を点け、「ママ、ありと?」(ママ、ありがとうは?)
*注*りんりんは、”元気”と”電気”を間違えたのでした。

私が風邪で寝ていた時、ベッド脇にりんりんが来ました。
”あ!ベッドに飛び乗っちゃだめだ!”と思ったらしいパパが、
「Maman est malade.」(”ママン エ マラド”:ママは病気)と言うと、
「ママン エ まだら?」と復唱。(??)
「Non, Maman est malade. 」と言い直させようとするパパに、
「ウィ。ママン エ まだらっ!」と元気に言うりんりん。
・・・まだらって、まだらって・・・? まだらなんて、大丈夫かしら?私?と、
りんりん先生の診断に考え込んでしまいました。
パパは大笑いしてましたけど。


あ。ちなみに、りんりんに会って、今日の講座の言葉を使ってみても通じるかどうかは
保障できません。三歳児の宇宙語は、日々、進化しています。  
[PR]
by cheris_1et3 | 2008-02-25 00:33 | Mes Chéries


<< 甘い生活 小包み >>