タグ:思うこと ( 8 ) タグの人気記事

ぐつぐつぐつ

f0115322_193289.jpg

やっと秋らしく少し冷え込んできた朝。

それでも 空は青空で、冷たい空気を吸い込んでも 凛とした気分になる。
子供達が皆、学校に行った後は、朝市に出かけて。
この間から、気になっていた、塩漬け豚のPalette(肩甲骨付きの肉)を買う。
1キロ5,9ユーロ。 小さめのPaletteをお願いしたのだけれど、1.9キロ。11ユーロほどになった。
煮込むには、丁度良い大きさかな。 何てったって、五人家族ですからね、我が家は。

塩漬け肉には、お塩はいらない。(当たり前!笑)
でも、よーく洗って、少し水に漬けておかないと、しょっぱい料理ができてしまう。
今日も流水で洗った後、大きなボールのお水の中へ・・・。
その間に アイロンをかけよう。
三日分のアイロンかけが済んだ頃、きっとお肉は丁度良い塩加減になっていることでしょう。
そうそう、今晩のご飯の下ごしらえもしておかなくちゃ。

朝市のいつもの八百屋さんにキャベツがなかったので、今日は白ネギをたっぷりに蕪、シャンピニオンと
人参、そして玉葱。玉葱には丁子をさして、香りづけ。 人参の立派な葉は、お浸しにして。

お肉と野菜を一緒にしたら、胡椒をちょっぴりかけるだけで、お鍋は丸ごと、オーブンへ。
二、三時間ですっかり煮えて、美味しい匂いがしてくるでしょう。
そして 明日 煮直せば、たっぷり野菜にも味が浸み込み、夕飯時は、ほくほく。


ぐつぐつぐつ・・・・・・。


お母さんの味ってどんな味?

こうやって、いつの時代もお母さん達は、台所で家族皆のご飯を作る。
何世紀もずっと、ずっと 世界中のお母さんがしてきた事。 ずっと、ずっと し続ける事。

オットとも、子供達とも 実は お腹で、胃袋(!)で、繋がっているんだと思っている私は、
皆が、どこに帰るのか いつでもちゃんとわかるように ご飯を作っている気がする。

お母さんのご飯の匂いがする所に 皆 帰ってくるんだよね。

夕方。
今日も元気に玄関のドアが開く。

「ただいまー!今日のご飯、なあにー?」
[PR]
by cheris_1et3 | 2009-10-13 17:32 | ごはんっ!

11月1日

車にたくさん 菊を積んで。
f0115322_0454231.jpg

ここの後ろや。
f0115322_0381120.jpg

ここの後ろへ お参りに。
f0115322_0384241.jpg

11月1日は Toussaint(万聖節)。
もう 会えない人達の笑顔を思い出す季節です。
[PR]
by cheris_1et3 | 2007-11-05 00:39 | ひとりごと

もう、6月ですね。

f0115322_0245281.jpg

庭のラヴェンダーも色付いてきました。

More
[PR]
by cheris_1et3 | 2007-06-02 00:25 | ひとりごと

活字大好き♪

f0115322_19224568.jpg

オットが帰宅する日に作ってみた、マカロン。もちろん!ソレイユさんのレシピ で。
でも、成功(?)したのは、これだけでした。もっと、精進しなくっちゃ!


ブログを始めてから、以前よりずっと、たくさんの方のブログにお邪魔するようになって、楽しい日々を送っています。素敵な方達が素敵なブログを書いてらして、いい時代になったなあ~!
と、思う毎日。その中でも、ブログを自分で始める前から、のぞいていた大好きなブログもたくさん!最近、自分でも好きなブログの共通点は、”本”と”食べ物”(笑)と”冒険”(!)と”インテリア”、”笑いのセンス”、そして、哲学かな~?と、ふと思いました。
いいなあ、と思うブログを作ってらっしゃる方が、私と同じ作家が好きだったり、”読んでみたい!”と思う本を紹介されていたり、はたまたその方の人生哲学(?)に感銘したりすると、もう、ノックアウト!です。すっかり、心酔してしまいます。

先日、心酔しているブログの一つ、食卓から愛をこめてのsoleilさん の以前の記事を読んでいたら、(ソレイユさんは、とても読書家で、そこも素敵!)気になる本を発見。
先週オットが日本へ出張したのをチャンス!と、アマゾンで購入し、オットの宿泊先へ送付。
無事、週末に手に入れました。(嬉)
他にも妹からの本やプレゼントの山と帰宅したオット。
「Hちゃん、そして運んでくれた、ダ~リン、ありがとう~~!」
実は、活字(本)がないと生活が続けられない私。(大げさ)
大きい図書館や大型書店の中で住みたいくらい・・・。(爆)
日本に住んでいる時は、ついつい、いつでも手に入る気安さから、似たような分野の本ばかり読んでしまい、
海外に出ると、”あれも読みたい!これも読みたい!でも、見つからない!”と、常日頃の偏食気味な
読書傾向を後悔する毎日。
やっぱり、図書館の中に住んで、ず~っと読書しているしかないかしら?
でも、そんな訳には、いかないですねえ。
ああ、本がいっぱい! の中で暮らしたい!
理想は、映画の”マイ・フェア・レディ”のヒギンズ教授の書斎。
いつか、あんな風な、壁いっぱい天井まで本棚の書斎を持ちたいんです。
天井近くの本を取りにはしごに登り、途中で読み始めて、最後のページまではしごに座っている自分を想像しては、
ウットリしてしまいます。(笑)
いつか、本当にそんな図書室兼書斎が作れますように。

こんな夢を思い出すのに一役かった本、それは浅田次郎の”王妃の館”でした。
とっても、面白かった!あっと言う間に読んでしまいました。
ソレイユさん、ありがとうございました!また、素敵な本をご紹介下さいね。

え?それで、最近 更新していなかったのかって? ハイ。ご名答!妹からの本もオットが買ってきた雑誌も新聞も、タップリ、楽しみました。またまた、読むものがなくなってしまった!
今度は、何の本を読み返そうかしら・・・?
[PR]
by cheris_1et3 | 2007-05-16 18:41 |

さあっ! 春のヴァカンスだっ!

f0115322_722158.jpg

↑ 一昨年の夏のピレネーです。 夏のピレネーは、良いなあ~♪


実は、お姉ちゃん達は先週から 二週間の復活祭のお休み中です。
先週末は、ヴァカンスに出かける人々を 指をくわえて見ておりましたが。

明日は !
パンパカパ~ン! 我が家もヴァカンスに出発~~~♪
一週間、のんびりするのだ~!
子供抜きで~!
明日、ピレネーで、すでにヴァカンスに入っている、義両親に娘達を預けたら・・・
私達は 自由の身っ!
お義父さん、お義母さん、またまた、ありがとう~!

と、いう訳で、ウカれております。

そして、ここ1ヶ月ほど、アタマを悩ませていた事も 何とかなりそうです。
あ~、良かったあ!
まあ、正式にカタチになるまで、油断はしませんが。
心配してくださった皆様、メールも電話も色々なアドヴァイスも・・・。
ありがとうございました!

これで、心おきなく、出かけられます!

また 帰宅しましたら、コメント欄 開けますので、皆様 よろしくお願いいたします!

以上、ヨロコビのご報告でした。

では! 楽しんできま~す!
[PR]
by cheris_1et3 | 2007-04-14 07:00 | ひとりごと

ひとやすみ

f0115322_1921374.gif

ヴァカンス、行きたいなあ・・・。 と、楽しかった海の写真を見てる。

現実逃避したい日って ありますよね。


やらなくては ならないことは、たくさんあれど。
”人事を尽くして天命を待つ”
人事を尽くしたのか? わたしは?


さあ?


わからない。


オットと話し合ったこと。
これは、私たちの人生において ピンチでは ない。
ピンチは十年前のあの日。


それも もう 乗り越えた。


では きっと 大丈夫。


陽は また のぼる。


ま。 何とかなります。


ええ。 きっと。
[PR]
by cheris_1et3 | 2007-03-23 19:08 | ひとりごと

哲学する日

f0115322_19473745.gif

↑お散歩中に見つけた 郵便ポストの群れ。 住人其々の趣味か、形も様々。

先日、本棚をのぞいていて、「生きることはすごいこと」という対談の本を見つけ、何の気なしにまた読み返しました。
これは、敬愛する心理学者の河合隼雄先生と画家安野光雅さんの対談をまとめた本。

河合先生は、本の序文に「お酒を飲みながら馬鹿話をするのが好き」だと書いてらっしゃり、先生の仰るところの”馬鹿話”を安野さんとされ、それがこの対談集になっています。

安野さんの絵本も大好きな私には、とても興味深く、お二人の話が全然、馬鹿話ではないので読み返してみて、色々考えさせられ、一人で哲学してしまいました。

安野さんが、またまた私の大好きな 数学者の森毅先生とお友達だったりするのも面白くて、久しぶりに読んだ後また読み返し、たくさんの思いの詰まった言葉たちに惚れ惚れ。
安野さんのお友達の また、他の数学者の先生が 日本でも飛び級の制度を、と言う話があった時に言われたという、「美しいものが何か わからないのに、飛び級してどうする」という意味の言葉に ああ、そうだ! と 思ったり、河合先生の”肝心な事”を 長い間、絶対 話さなかった人(患者さんでしたが)の話を聴いていて、眠くなってしまったというお話に 成程、と笑ってしまったり。
   
「美しいものがわからないのに、飛び級してどうする?」に共鳴する、本当の大人の対談。

どんな事にも 答えは一つじゃない、という事を 改めて考えました。
この本が面白いと感じる子に育って欲しいなあ、ウチの娘たち。 

ああ、一度でいいから、河合先生のお酒の席での”馬鹿話”に おつきあいしたい!
と 切望する私なのでした。
[PR]
by cheris_1et3 | 2007-03-10 17:29 |

そして 陽は またのぼる

f0115322_18452942.jpg

St. Valentin の朝は、あいにくの雨。

晴れた空をさがして、海をみつけました。 いつかの休暇中の海。 また 行きたいな。

地球に乗って、太陽の周りをまわって、まわって・・・・・。

一万四千九百七十五回、まわった 私。

そうしたら、よんじゅういっさい に なりました。

[PR]
by cheris_1et3 | 2007-02-14 18:54 | 色々、、、