<   2007年 03月 ( 14 )   > この月の画像一覧

最近 作ったもの・・・

f0115322_5332522.jpg

ある日 どうしても、ソレイユさんのオレンジパウンドケーキが食べたくなりました。
でも、レシピが載ってない!(ソレイユさん、レシピお願いしますっ!←懇願)
仕方がないので、いつものパウンドケーキのレシピにオレンジとオレンジジュースを入れて焼いてみました。
パウンドケーキとしては大丈夫でしたが、オレンジの分量が足りなかったらしく、鼻のきく長女りり以外は、
みんなオレンジの香りを感じなかったみたいで がっかり。
また、今度 挑戦してみます。 ソレイユさんのレシピがあったらな~。 と、さりげなく、ここで言っておこう。(笑)
↓は、切ったところ。 やっぱり、オレンジピールを入れるべきだったのよね?
f0115322_5374914.jpg


他にも 手作り(と、言うのか?)したものがありました。 これこれ。
f0115322_5393918.jpg

りり、アンゴラになる。 それにしては、尻尾がフワフワじゃないですが。
(xthneh5dさんちのコブタちゃん ほど立派では、ないけど、一応、ネコっ!です)

カーニバルの仮装で 「猫になりたい!」とは、りりの希望。
”カーニバルがあります!” と、お知らせをもらったのは、なんと前日。
間に合わせの間に合わせ。 
兎に角、急いで尻尾だけは、ミシンでダ~ッ、と縫いました。
あと、中にオットからもらった、余った日曜大工の電線を入れて、芯にして。
カーニバルのお手伝いをしていた大人達に、何故か大ウケ。 プリンセスの仮装が多い中、少し、珍しかったのかな?
「幼稚園の子達が、私の尻尾を引っ張りに来て、困ったのよ~!」と言いつつ、りりは、大満足。
この日はお風呂に入る直前まで、尻尾をつけたままでした。



・・・てなワケで、何とか 元気にやっております。
もう少し、この色々が 落ち着いたら、また コメント欄も開けますので、よろしく~です。



 
[PR]
by cheris_1et3 | 2007-03-31 05:47 | 手作り

サマータイムと時差ボケの娘

f0115322_1948208.gif

                 ↑この時計は、誰が進めたんだろう?

サマータイムです。
先週末の土曜の夜、ヨーロッパは時計を一時間、進ませました。
夏は 日の長い、フランスですが、この、サマータイムの効果もありますよね。
冬よりも一時間、みんなで早起きするんだもの。 夜、日が暮れるのが遅くなるのは当たり前。
日本とは、現在 7時間の差。
今、こちらでは、お昼の1時ですが、日本は夜の8時ですね。

日が長くなって、季節もだんだん良くなってきたこの頃。
その上、サマータイム! さあ、いっぱい遊ぶぞっ! って、感じです。

が。 まだ、時計が一時間進んで 一週間も経ってないわけで、当然 時間に適応していない人もいます。
私もどうやら、その一人ですが、一応、”ママ業”やってるんで、起きないワケにはいきません。
なんだか、本当はもう少し眠れるんじゃないのか??? と、思いつつ・・・。

家族のほとんどが なんだかな~? と、起きているのに、元気なのは、次女のらら。
ららは、誰に似たのか、早起きで いつも、朝、スッキリ! 起きてくる。 
わが娘ながら、羨ましい体質です。(体質? なのか?)
今朝は 学校の遠足だったので、6時に私を起こしに来てくれました。
「ママ~! 起きて、お弁当作って~!」
はいは~い。 起きます、起きます。 (え?今、6時ちょうど。1週間前なら、5時やん!)

前日に、ららが、
「ママ? 本当に ちゃんと起きて、お弁当作ってね?」と、心配するので、
「じゃあ、ららちゃん、ママの事 6時に起こして、お弁当作って、って、言ってね。」
と、言ったら、(半分 冗談であった・・・)ら、ら、ら!
本当に 起こされた!
ああ、真面目な娘を持って 良かった~・・・。(のか???)

さて、りりとららのリクエスト通り、お弁当には、
おかかと梅干入りのお握りと 卵焼き、ソーセージにトマトとブロッコリー。
りりは、ご丁寧に お箸も持っていきました。
「みんなは、きっと サンドイッチだねえ。」
と、二人して言いながら、楽しそう。

お弁当が 出来上がって 一息ついてから、りんりんを起こしに行った、らら。(今日は目覚まし娘)
「ママ~。 りんりん、”ノン!”しか言わないよ~」
あ、そうですか。 りんりん、まだ 起きたくなかったのね。
りんりんは、まだ、冬時間なのですな。
まだまだ、目が起きてない。
サマータイムなんて、2歳児には関係ないもんねえ。
りんりん、今朝は、ホンットに、「ノン! ノン!」しか 言わず、朝ご飯もヨーグルト一匙だけ。
その上、あのパパ好きのりんりんが、パパにまで、「ノン!」
何故か、私にず~っと、しがみついておりました。
パパ、がっかり。
ママは、家事が進まんっ!

あなどれない、サマータイムと2歳児の”時差ボケ”。
まあ、あと1週間もしないうちに りんりんはちゃんと適応するんでしょうけど。
旅行もしていないのに、時差ボケを体験できる! それが、サマータイムです! なんちゃって。
[PR]
by cheris_1et3 | 2007-03-29 20:16 | Mes Chéries

のだめカンタービレ♪

f0115322_547042.gif

↑タイトルとは 全然関係ない写真。ウチの”マエストロ”から拝借。


ちょっと前のハナシなんですが。

遅ればせながら、”のだめカンタービレ”を見ました。 オットと一緒に。
一言で言うと・・・。

面白かった~!!

友人から、借りた日に、何となくオットに 「一緒に見る?」と、聞いたのが運のツキ。

すっかり、”のだめ”に はまったオットに、
”ボクのいない時に 一人で見ない” という、暗黙の了解を 勝手に取り付けられ・・・・・。

夫婦で 数日かけて、全て! 見終わりました・・・・・。

確かに、一人だったら、一日で全部見てたかも・・・?

しばらくの間、我が家には、”マエストロ”が。 ”千秋先輩”が・・・。 いました。

朝、起きていくと、(朝のコーヒーをいれるのは、オットの仕事)

「オハヨウゴザイマ~ス!
コーヒーは、イリマスカ~?」 (マエストロ風)

そして、ヨーグルトを食べるりんりんの横で、タクトを振っていたりする・・・。(何故?)

数日、困っていましたが、ある日、普通に日本語を話していた(らしい)オットに、
「もう~! いいかげんに、マエストロの真似は、やめてよ!」と言うと、

「別に、普通にしゃべってたんだけど?」と、ムッとされ。 
それから、マエストロ、ウチには出現しなくなりました。 
やっぱり、”ヨーロッパ人アクセントの日本語って、みんな似てんのかしら?” と、
思いましたが 家庭の平和のため 口には出しませんでした。

でもね、ウチのオット、すぐ影響されちゃうんで、
昔、(旧いですが) ”ロング・バケーション”を見たあとは、ピアニストになってたし。

まあ、面白いんですけど。 数日は。 その後、私は飽きちゃうんで、そこでやめて欲しい。(希望)

ああ、こんなハナシをしていたら、日本のドラマが見たくなってきた。

誰か~、”華麗なる一族”、送って~!  
[PR]
by cheris_1et3 | 2007-03-25 05:37 | Mon Chéri

ひとやすみ

f0115322_1921374.gif

ヴァカンス、行きたいなあ・・・。 と、楽しかった海の写真を見てる。

現実逃避したい日って ありますよね。


やらなくては ならないことは、たくさんあれど。
”人事を尽くして天命を待つ”
人事を尽くしたのか? わたしは?


さあ?


わからない。


オットと話し合ったこと。
これは、私たちの人生において ピンチでは ない。
ピンチは十年前のあの日。


それも もう 乗り越えた。


では きっと 大丈夫。


陽は また のぼる。


ま。 何とかなります。


ええ。 きっと。
[PR]
by cheris_1et3 | 2007-03-23 19:08 | ひとりごと

雨の日のお散歩は?

f0115322_21264383.gif

日曜日は、雨。 ”遊びに行きたし、傘はなし~♪”
傘はありますが、雨の日のお散歩、と言えば、ココ!
私のいちおし! の、ルーブル美術館へやって来ました。
りんりんには 初めてのルーブル。
でも、楽しそう。 勝手にどんどん 進んでしまう。
f0115322_2131460.gif


階段も 一人でのぼる、りんりん。
探検家気分なのでしょうか?

絵画の展示室で ドラクロワの描いたトラを見つけ、「ワンワン!」
天使を見たら、「べべ!」
エジプトの猫の像に、もちろん、「にゃ~にゃ~♪」
と、上機嫌の末娘に、
「ママ! これきれい~!」と、紀元前の装飾品を見て喜ぶ、お姉ちゃん達。
りり、ららは 見たかった、モナリザもみつけて、ご満悦。
ミイラも見つけて、じっくり観察しておりました。

お姉ちゃん達は、ルーブル初めてじゃなかったのですが、前回、来たのは、幼稚園の時。
説明書きも自分で読めるようになったからか、単に大きくなったから、(両方?)今回は、前より、とっても楽しそうでした。

午後、閉館時間まで ルーブルで過ごし、家族全員、とても満足。
「また、来たい~!」と、言われて 嬉しかった私達。
18歳までは 入館料も無料だし、とっても リーズナブルな楽しみです。
気がつかないうちに、何キロ(!)も歩いているし。
心地よい、疲労感とともに、帰宅。
ストレスと運動不足解消には、美術館散歩、オススメです~!


= お知らせ =

現在 ちょっと、バタバタしております。
コメントのお返事が 遅れるのは、気がかりなので、しばらくコメント欄、閉めさせて頂きます。
よろしくお願いします~。

[PR]
by cheris_1et3 | 2007-03-19 21:30 | おでかけ

週末の買出し

f0115322_655472.gif

土曜日の午前中。
お姉ちゃん達が 学校へ行っている間に、近所のショッピングセンターへ買出し。
そうしたら、入り口にいきなり、以前買った新製品 の紹介スタンドが。

ビューティ・バー、ですって?!

More
[PR]
by cheris_1et3 | 2007-03-18 07:15 | おでかけ

初の手前味噌作り

ふふふ。 先週末のできごと、なんですけど・・・。
今回の私たち、ちょっといつもと違う。 のんびりお散歩じゃなくて、たくさん、働きましたの!
f0115322_816140.gif
オットは、山へ芝刈りに 庭の芝刈り。

で、私は、と言うと・・・
[PR]
by cheris_1et3 | 2007-03-16 08:20 | 自給自足?

たまには のんびり・・・

f0115322_518402.gif


お天気の良い日は、やっぱり テラスでカフェよねえ。

More
[PR]
by cheris_1et3 | 2007-03-15 05:32 | 色々、、、

デザートは シフォンケーキ

f0115322_213985.gif
できた~! 抹茶シフォンケーキで~す。

これを持って向かったのは、友人達との爆笑ランチ。
パリ近郊に住む、日本人の友人達と囲む、和(中華も)食の昼食。 月に2回くらい、集まってます。 みんなご主人は フランス人。 フランスと日本を行き来して、(または、他の国にも住んだことがあったり)引越しが多いのも共通。 子供達の年も近く、話は 弾む弾む♪ 食事も進む進む♪
毎回、とにかく爆笑してばかりで 何か言う事忘れた~? とか 帰宅後に思うのですが、まあ、いいか! と、よく笑った日は 忘れものがあっても 平気です。
持ち寄りで 和食や中華を お腹いっぱい!食べます。 爆笑ランチの日は、いつも食べすぎで夕食を作る気力がありません。(笑) まあ、それじゃいけないので 何か作りますけど。 

先週のランチには、私、デザートに抹茶シフォンを作りました~。
遊びに行く度 お腹の空いてしまう、
英知のお好きな(こういう言葉使いも素敵♪)ソレイユさんのレシピで!

実は、シフォンケーキ、初めて作った時、大失敗して、「私には、できないケーキ」と、諦めていたのです。 でも ある日、手早い妹が 私が、泊めてもらってのんびりと朝食を摂っている間に、ささっ、と、シフォンケーキを焼き上げ、アゼン!
「え? シフォンケーキって、難しくない?」
という姉(私)に、「へ? 簡単やん!」と 答えた妹。
それから、また焼くようになったのですが、フワフワ具合がいつも安定しているわけではなく。
「ん~?」と、思っていたら、ソレイユさんのところでレシピを発見。
今回、挑戦してみたのでした。

f0115322_213545.gifそれでね、大成功~! パチパチ!
ソレイユさんのレシピは、ベーキングパウダーを入れないのですが、卵のチカラだけで、ふんわり、フワフワにできました! 
ランチの時には、「抹茶には、餡子が合うよね?」の友人の一言で、生クリームに餡子をつけて♪ ん~、満足! 帰宅後、家族に「美味しかったよ~」と報告すると、「食べてない~!」とブーイングが起こったので、急遽、もう一度。







f0115322_2141758.gif←只今、冷ましております。 (こうしないと、シフォンがつぶれちゃうのよ~。Jちゃん、わかりましたか~?)

f0115322_2455497.gif

出来上がり~♪ →









f0115322_2144583.gifさて、お天気が良かったので、お庭でおやつタイム。
禁断(オットがフレッシュの物しかダメと言うので)のボンベ入りクリームをかけて、「いただきま~す!」 バニラシフォンもフワフワにできました。
このレシピ、すごいです!
みなさまもお試しあれ!

[PR]
by cheris_1et3 | 2007-03-12 02:08 | 色々、、、

哲学する日

f0115322_19473745.gif

↑お散歩中に見つけた 郵便ポストの群れ。 住人其々の趣味か、形も様々。

先日、本棚をのぞいていて、「生きることはすごいこと」という対談の本を見つけ、何の気なしにまた読み返しました。
これは、敬愛する心理学者の河合隼雄先生と画家安野光雅さんの対談をまとめた本。

河合先生は、本の序文に「お酒を飲みながら馬鹿話をするのが好き」だと書いてらっしゃり、先生の仰るところの”馬鹿話”を安野さんとされ、それがこの対談集になっています。

安野さんの絵本も大好きな私には、とても興味深く、お二人の話が全然、馬鹿話ではないので読み返してみて、色々考えさせられ、一人で哲学してしまいました。

安野さんが、またまた私の大好きな 数学者の森毅先生とお友達だったりするのも面白くて、久しぶりに読んだ後また読み返し、たくさんの思いの詰まった言葉たちに惚れ惚れ。
安野さんのお友達の また、他の数学者の先生が 日本でも飛び級の制度を、と言う話があった時に言われたという、「美しいものが何か わからないのに、飛び級してどうする」という意味の言葉に ああ、そうだ! と 思ったり、河合先生の”肝心な事”を 長い間、絶対 話さなかった人(患者さんでしたが)の話を聴いていて、眠くなってしまったというお話に 成程、と笑ってしまったり。
   
「美しいものがわからないのに、飛び級してどうする?」に共鳴する、本当の大人の対談。

どんな事にも 答えは一つじゃない、という事を 改めて考えました。
この本が面白いと感じる子に育って欲しいなあ、ウチの娘たち。 

ああ、一度でいいから、河合先生のお酒の席での”馬鹿話”に おつきあいしたい!
と 切望する私なのでした。
[PR]
by cheris_1et3 | 2007-03-10 17:29 |