Lentilles vertes - レンズ豆

f0115322_22214581.gif

これが レンズ豆。 って。 ご存知ですよね。





よく遊びに行っている、 juliaさんのところで、最近、1週間の献立予定表が。
「わあ~!私も今晩、○○にしようっ!」と、日本にいたら喜び勇んでお買い物に行くところですが、いかんせん、ここはフランス。「美味しそう。我が家も今夜のおかずは同じに!」と思ったところで、欲しい食材がすぐ買えるわけではなく、「食べたいよう~。」と 無駄に食欲を募らせて見ています。(じゃあ、見なきゃいいのに。笑)
献立表を家族に張り出すと子供達にはきっと楽しかろう、と思いつつ、やっていない私。
だいたい、私は1週間に一度、まとめて買出しに行き、冷蔵庫の中身とその日の気分(そして、夕食を用意するのに時間がどれ位あるか)で 献立を決めます。
行き当たりばったり、なわけ。
もっと、計画的に! とは思っているんですが、なかなか行動に移らない・・・。

でも、常備菜的なおかずを作れば、ちょっとは手早くなるかしら?と作ったのが、レンズ豆の煮物。私の中では、ひじきの煮物を彷彿させる、暖かくても冷めても美味しいおかず。冷めても美味しいわけだから、もちろん、たくさん作って、作りおきする事にしました。
この日はカップに3杯のレンズ豆を茹でて、ベーコンと玉葱、にんにく少々と炒め煮。
できたてを見つけたりりは、(お風呂前だった)
「あ!早くしないと冷めちゃう~~!」と、いつもののんびりはどこへやら。猛スピードでお風呂から上がって来て、「早く、ご飯にして!」とおっしゃる。(ちゃんと洗ったの??笑)
作り置き、のはずが、レンズ豆好きのオットも帰宅が早かったので、どんどんおかわり。
幸い、少々残りましたが、今晩でもうなくなってしまいそうです。次回はもっと作らなければ。

さて。レンズ豆ですが、例えば1カップ茹でるとしたら、軽く水洗いした豆を 5カップの水(豆:お水=1:5)に塩を入れてぐらぐらに沸かしたところへ入れ、火を弱めて約20分。サラダに入れるなら、歯ごたえがある方が美味しいので、もう少し早めに火から下ろして、ざるに取ります。
あとは、普通のサラダのソースでレンズ豆入りサラダにしたり、↓のように、玉葱やベーコンと一緒に炒め煮にしたり。ぐつぐつと柔らか~くなるまで煮込んで、ソーセージのお供にしたり。
1年中使える、便利な食材なのでした。
f0115322_2222229.gif

[PR]
by cheris_1et3 | 2008-01-15 22:22 | ごはんっ!


<< 蛸 コーヒーブレイク >>