日曜日のお散歩

f0115322_438023.jpg

NEW HORIZON !

って、私の中学の時の英語の教科書の名前。 確か、地平線と朝日の写真が表紙でした。
”地平線”かあ。 日本じゃあ、北海道へでも 行かないと見られないかな? と 思っていたのを思い出しました。 
私が 初めて地平線を見たのは、十数年前に行った、イギリスで。 ロンドンから、目的地へ向う列車の窓の外には、地平線が、何時間も続いていました。

あたりをぐるっと、山に囲まれた大阪郊外で育った私。 地平線は、ヨーロッパで暮らし始めた頃、とても珍しく感じて、いつも見つけると じっと、見ていました。

でも、今は、うちから5分歩くと この景色。
ヨーロッパって、新期造山帯の上にある日本とは 違って、土地が古いから、平地が多いのよね。 とか、思って見ていた、何年も前の私。 以前ほど 地平線も珍しく感じなくなっていましたが、久々に晴れわたった日曜日、家族で近所を散歩して、地平線を見つけ、また、新鮮に感じました。 オットにも 「昔、地平線なんて、見たことなかったんだよ!」とか、道々話したりして。

のんびり、地平線を愛でながら 散歩していると、動くものが!
f0115322_531950.jpg


鹿達でした。 私達の前を 林から林へと、原っぱを横断して、通り抜けて行きました。
娘達は、可愛い、可愛いと、(親達も!)大喜び。 

でも その後で、家族で鹿の心配をしてしまいました。  
実はこの辺り、狩猟シーズンになると、ハンターがたくさんやって来るところ。 秋冬のお天気の良い週末は、朝から、猟銃の音がします。
 
鹿達は、以前も こういう天気の日曜日に、やはり、林から出ているのを見ましたから、猟銃の音に驚いて、出てきていたのかもしれません。
「でも、そんなところを走っちゃ、ハンターにすぐ、見つかっちゃうよ!」と、気にするオット。
それを聞いて、娘達もハラハラしていました。 
鹿達は、そんな私達の会話を知ってか知らずか、四頭(いたのです。)で、一瞬 立ち止まって、こちらをじ~っと見て、ポ~ン、ポ~ン! と、ジャンプ。 素敵に尻尾を見せながら、来た方とは、反対方向の林の中へ 消えて行ったのでした。

「やっぱり、晴れた日にお散歩は、いいね~」と、皆、ごきげんになって、進むと・・・
林の中で、大きなきのこを発見!
f0115322_5113055.jpg
 
林を抜けると、トラクターを使ったばかりらしい、畑。 のどかです。
f0115322_514049.jpg

景色が良くて、暖かい日で、のんびりした日曜日でした。
村の端から、少し それた道を 二時間半かけて、のんびり歩きました。
ハイキングコースになっているだけあって、楽しめました。

そして、娘達が身を持って学んだのは、散歩は、足でした方が、楽!
と、言う事。

お散歩の後の お姉ちゃんの自転車。 ぬかるみの道を通る事もあったので、この通り!
f0115322_523621.jpg

泥の中に車輪が入ると、なかなか、進まなかったのです。
帰ってから、娘達は、「お散歩は、歩いた方がいい!」と、言ってました。 (あたりまえ~!と、言いたかったが、あえて口にしなかった私。)
 
[PR]
by cheris_1et3 | 2007-01-17 04:44 | お散歩


<< tomber dans les... Limoges で お散歩 >>